2012年09月29日

〈再録〉大図研全国@京都「『本棚の中のニッポン』で伝えきれなかったいくつかのこと--日本資料と海外の大学・研究図書館--」


大学図書館問題研究会全国大会@京都
「『本棚の中のニッポン』で伝えきれなかったいくつかのこと--日本資料と海外の大学・研究図書館--」
日時: 2012年8月4日(土) 14:00ごろから
場所: コミュニティ嵯峨野
URL: https://sites.google.com/site/dtk2012kyoto/home/program
・egamiday3「プレゼンの記録と反省 或いは メモ:大図研@京都2012・その1」
 http://egamiday3.seesaa.net/article/285493491.html
・Togetter「#本棚の中のニッポン で伝えきれなかったいくつかのこと 大図研京都 #dtk43 (2012.8.4)」
 http://togetter.com/li/351793

当日powerpoint(web公開版)
 
 まず、問題です。
 「Q.わたしたちは、いま世界の”どこ”に立っているでしょうか?」
 答えは30分後に。

 今日は「『本棚の中のニッポン』で伝えきれなかったいくつかのこと --日本資料と海外の大学・研究図書館--」というタイトルでお話しします。
 『本棚の中のニッポン』というのはどういう本か。帯には「日本人の知らない「海外の日本図書館」。それはどういうところで、いま、何が必要とされているのか」という文句が記されています。すなわち、海外で日本のことを研究している研究者や学生が、どのように研究し、またどのようなニーズを持っているか。そしてその人たちをサポートする海外の日本図書館は、どのような活動を行ない、どのような課題を持っているか。そういったことを現地取材や文献によって調べ、紹介したものです。

 では、そもそも「海外の日本図書館」というのはどういう存在なのか。「海外の日本図書館」をとりまく世界についてざっくりと説明します。
 海外、世界各国に、日本のことについて興味を持ち、あるいは必要があって日本のことを知りたい、調べたいという人たちがいます。大学の研究者・専門家、学生・院生、その他文化人やジャーナリストや一般の人たちです。そういう人たちが、論文・本・インターネットなどのかたちでさまざまに日本についてアウトプットしてくれることによって、日本の存在・魅力というものが広く世界にアピールされていきます。その研究者や学生などの人たちが日本についての書かれた資料や日本情報を手に入れるのをサポートするのが、各国の日本図書館です。日本図書館は、日本資料を持ち、流通させ、また日本情報を提供します。
 ではその海外の日本図書館の日本資料はどこからもたらされるのかというと、日本から、ということになります。日本の出版社、大学などで日本資料・日本情報がうまれる、世に出される。あるいは日本の図書館に所蔵される。その日本と海外との間に”橋のようなものがかかっているとして、その橋を通って日本資料・日本情報が海外に渡っていきます。ということは、最終的なゴールとして「日本の存在・魅力が世界にアピールされる」ことのもとをたどっていくと、日本・海外の間の橋を通って日本資料・日本情報がいかにスムーズに、障壁なく渡っていくか、そのことが重要になってくるわけです。

 しかし実際にはこの”橋”を渡りにくくするさまざまな障壁が存在します。「距離が遠い」「言語環境が違う」「商習慣が違う」「資料・情報が不足している」「マイナーで肩身が狭い」「ただでさえ日本側が鎖国気質である」、などなどです。図書館員であるみなさんはもうお気づきかと思いますが、これは要するに”アウトリーチ”の話です。私自身も1年間のアメリカ暮らしで経験しましたが、「国を越える」というだけでもユーザにはムダな時間・コスト・ストレスがかかるものです。
 その解決、そしてユーザのサポートのために、みなさんからの広くたくさんの”援軍”を必要としています。確かに、例えば国際日本文化研究センターや国際交流基金・国際文化会館・国立国会図書館などのような、海外の日本研究・日本図書館をサポートしている機関は一部にあります。ありますが、その一部の活動だけでは、海外からの幅広いニーズ・リクエストに対応することはできませんし、まかないきれません。「日本」というキーワードで、伝統的な人文学分野の研究だけでなく、政治・法律やビジネス・経済・産業、医学などの自然科学、映画やアニメ・漫画などのポップカルチャーなど、研究分野は広くひろがっています。地方にしかない一点物の資料や文書資料などが求められることもあります。日本国内のユーザと同じく、大学図書館、公共図書館、出版社、官公庁・自治体など、さまざまな分野・業種の方の、ちょっとでもいいので幅広いご理解とご協力が必要です。
 そして先ほどご説明したように、そのような援軍が得られるか得られないか、”橋”が通りやすいかどうかによって、最終的なゴールである「日本の存在・魅力が世界にアピールされる」かどうかが左右されることになります。つまりこれはほかでもない、我々日本側自身が最終的に損をするのか得をするのか、という問題になるということです。

 では、具体的にどうしたらいいか、ということをいくつかのトピックにわけでご紹介します。

 1つめは「e-resource」です。
 海外の日本研究における現在のひとつの大きな問題は、「”日本離れ”がとまらない」ということです。Google Books Ngram Viewerというサービスで、英語の書籍本文中にどれだけ頻繁に「Japan」が登場するかをグラフにすると、2000年以降2008年(最近)までで、そのグラフが極端に下降していることがわかります。ほぼ1930年代と同じレベルです。実際、近年の海外の日本研究における”退潮傾向”が、学科の閉鎖統合など、さまざまなかたちであらわれてきています。
 これとシンクロするかのように起きているもうひとつの問題が、「深刻なデジタル不足」です。いまや人文系分野の研究であっても、e-resourceは研究・学習に不可欠な者です。しかし、例えば北米における主な東アジア図書館の統計を表・グラフにしてみると、中国語・韓国語のe-resourceの所蔵・契約数と比較して、日本語e-resourceの所蔵・契約数の極端に少ないことがわかります。e-resourceでなければ積極的な資料購入をしないという傾向になりつつある中で、海外の日本図書館は、日本製e-resourceの数の少なさ、不便さ、高額な値段、厳しい条件などに悩まされています。
 しかしそもそも、日本製のデータベース・電子ジャーナル・電子書籍について、絶対数が少ない、利用が不便である、値段が高いし契約しづらい、条件も厳しい。うっかり慣れっこになってしまいがちですが、こういったことはすべて、我々日本の図書館員こそが日々痛感していることですし、日本の研究者・学生などのユーザにこそ悪影響が及んでいることのはずだと思います。ですので、こういった日本製e-resourceの問題に対しては、我々日本の図書館・図書館員こそが、こうしてほしい、こうあるべき、こうしようという要望・主張の声を大きく上げるべきではないかと思います。こういった声は、母数が小さい海外からでは届きにくいでしょうから、我々が当事者として上げるべきでしょう。
 ただ、そのためのひとつの課題として、そういった要望・主張・交渉を行なおうとするにあたって有力な窓口となりうるような専門家の集団・コミュニティが日本にはないのではないか。その解決が必要なのかもしれません。

 2つめは「研修」です。
 まず、海外の日本ライブラリアン・専門家に対する研修について。海外の日本研究ライブラリアンや日本専門家を、日本に招き、情報や資料についての研修を行なうという事業があります。日本専門家ワークショップ(国立国会図書館・国際交流基金・国際文化会館)、天理古典籍ワークショップ、などです。このような研修やワークショップ、シンポジウムなどは、海外の日本専門家らに日本のことを伝えるというだけでなく、日本の我々が海外の専門家たちと交流・情報交換し、先方のニーズを把握し、人的ネットワークを形成していく絶好の機会でもあります。実際、私自身、最初に海外の日本研究やそのライブラリアンの存在をはっきりと知るようになったのは、日本専門家ワークショップ(の前身)の一環である図書館見学の対応をしたのがきっかけでした。ですので、こうした研修事業に協力・寄与できる機会が訪れた際には、ぜひ積極的にお願いしたいと思います。
 次に、今度は逆に、日本から図書館員が海外に行く研修について。この種の研修の場合、多くが相手国・相手館について調査し情報を得て、自身の勉強としたり国内に報告したりということが主目的になりがちで、ともすれば訪問先で質問するだけ・調べるだけ、自分たちが情報入手するだけ、ということになってしまいがちです。しかしそれでは日本側が一方的にテイクするだけであり、相手側には何も得るものがなく、不公平と不満を持たれてしまうこともあります。そういったことのないように、できるだけこの種の海外研修においては”発信””参画”型へアップグレードしていくことが必要ではないかと思います。会議・プロジェクトに参加(Participatory)し、発表(Output)し、その活動に寄与するといったことです。

 3つめに「日本専門家デビュー」を挙げました。もし、今回のプレゼン全体を通してひとつだけみなさんに覚えて帰っていただきたいことがあるとするなら、この件だと思います。
 ここにいるほとんどのみなさんが、日本人で、日本に住み、日本語を話し、日本の図書館や職場で働き、生活をしていると思います。それだけですでに、我々は日本についての”専門家”です。海外のユーザに、日本から伝えられること、教えられること、アピールできることを、もうすでにたくさん持っています。あとは、デビューするだけです。いまや、それらをカンタンに発信するツールはweb上にたくさんあります。自分の専門分野でも趣味でも地域の情報でも、どんなことにも可能性はあると思います。ぜひデビューしてみてください。

 最後、4つめは「ILL」です。これが実はもっとも現実的かつ直接的なお願いになります。端的に言えば、海外からのILL受付にはぜひ柔軟かつ積極的な対応をお願いしますということです。NACSIS-ILLで海外からのILLを受け付けるGIFのシステムがありますが、日米間のILL受付件数について2004年と2010年を比較すると、一見順調に増加しているように見えますが、実は相当数の謝絶がある、そして日本から海外への依頼件数に比べれば極端に少ない、というのが現状です。こういった障壁や不均衡を解決するためにも、海外からのILL受付は、GIF・OCLC経由じゃなく飛び込みの依頼であっても、ぜひ柔軟な対応をお願いします。「NO! 鎖国 YES! ホスピタリティ」でお願いします。
 とはいえ、そういうことを実践しようとすると、海外ILL受付の事例共有・ケーススタディが足りていないのではないか、というのが問題になります。そこで、そういった海外ILL受付の情報を共有するためのグループを作りませんか、という提案をしたいと思います。興味のある方はぜひご連絡ください。
 そして最後に、「GIFの仕組みはあのまま続けていけるのか?」「OCLCに直接加入するとか、代表・代理が加入するとか、いい方法はないものか?」ということをつぶやいてみたいと思います。

 最後に、答え合わせです。
 「Q.わたしたちは、いま世界の”どこ”に立っているでしょうか?」
 我々は、日本と世界との間にかかる”橋”の上に立っています。日本資料・日本情報の流通をいかに障壁なくスムーズにさせられるか、考えてみていただければと思います。

【関連する記事】
posted by jbsblog at 11:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

〈再録〉日文研・木曜セミナー「図書館の"はたらき"は国を越えて届くか --『本棚の中のニッポン』から--」

第190回 日文研・木曜セミナー
「図書館の"はたらき"は国を越えて届くか --『本棚の中のニッポン』から--」
日時: 2012年9月20日(木) 16:30〜
場所: 国際日本文化研究センター 第1セミナー室
URL: http://www.nichibun.ac.jp/event/archive/mokuyou.html

当日配付資料(web公開版)
当日powerpoint(web公開版)

 『本棚の中のニッポン』という本を出版しました。この本では、海外の日本研究者や学生がどのようなに研究し、またどのようなニーズを持っているか、そしてその人たちをサポートする海外の日本図書館は、どのような活動を行ない、どのような課題を持っているか、などを取材・調査によって紹介しています。
 今回のプレゼンでは、本書に寄せて、「図書館はどんな機能・活動を持っているか」「図書館の機能・活動は国を越えてどうはたらいているか(特に海外の日本研究図書館において)」について紹介します。

 まず、図書館はどんな機能を持つか、どんな活動をしているか、についての全般的な話です。
 教科書的に言えば、図書館の機能は「資料の収集・整理・提供・保存」といったことが言えると思います。しかしこれでは事務的すぎるので、もっとわかりやすく言うと、「図書館学の5原則」というものがあります。インドの図書館学者・ランガナタンが提唱したもので、5つあるうちの2番目に「Every reader, His (or her) book.」という文句があります。これがもっとも端的かつ重要なことですが、図書館は「あらゆる人に、その人が求める本を確実に届ける」というはたらきを持っています。
 そしてこれをまっとうするために重要なのが、図書館同士の”横のつながり”です。図書館はこの”横のつながり”なしに成り立ちません。

 ”横のつながり”のひとつめの例としてわかりやすいのが「ILL」です。ILLはInter Library Loanの略で、図書を貸し借りする相互貸借とコピーをやりとりする文献複写とがあります。日文研はユーザ数が多いわけではありませんが、取り組まれている分野が人文・社会・自然科学までとても幅広いため、自館の蔵書だけではまかなうことができず、ILLが必要となります。
 「ILL」がどのように行なわれているかについては大きく3つにわけられます。ひとつは大規模な仕組みによるもの。例えばNACSIS-ILLは日本のほとんどの大学・研究図書館が参加する大規模なILLの仕組みで、高度にシステム化され、大量の依頼・受付を迅速に処理することができますし、支払も相殺制度でスムーズに行なうなど効率化されています。
 またそこまで大規模ではなくとも、国立国会図書館や国立公文書館のように広く多くの利用者・図書館からILLを受け付けることを前提としているところでは、その業務を定型化しています。決まった書式、決まった手順、決まった支払方法などのルーチンワークにより、スムーズな処理ができます。
 それらのような仕組みを持たないところ、例えば地方の小規模な図書館・資料館や博物館・文庫・寺社などで、決まったILLの手順などがないところについては、毎回・個別に交渉することになります。メール・FAX・電話・郵便などでやりとりし、理解を求め、先方の意向・指示にしたがいますが、しかしそれでも謝絶されるということも少なくありません。

 ”横のつながり”の2つめの例が「目録」です。先ほどのILLが可能になるためには、多くの図書館の所蔵についてのデータが集まったデータベースが公開されている必要があります。このような「総合目録データベース」の構築も、図書館同士の連携・協力によるものです。NACSIS-CATやその公開版であるCiNii Booksはこれによって利用可能になっています。
 また図書館が目録データベースを作るのに、すべて自力で作成・入力しようとすると効率が悪く作業も遅くなってしまいますので、コピーカタロギングが不可欠になります。コピーカタロギングを可能にしているのが、たくさんの書誌データを提供する書誌ユーティリティや総合目録データベースであり、これらも図書館同士の連携・協力のあり方のひとつです。

 ”横のつながり”の3つめは「人的交流・人的支援」です。ILLや目録はじめ、図書館の横のつながりには標準化・統一化や情報・問題意識の共有が不可欠です。そのため、コミュニティの構築や研修・研究会の開催、ライブラリアン同士の交流・連携などが重要になります。

 では、こういった図書館の機能・活動は国を越えて、特に海外の日本研究図書館においてどうはたらいているでしょうか。
 海外の日本図書館にとってもやはり、横のつながりは重要です。特に、海外では日本研究は学問全体の中での主流では決してなく、図書館・蔵書の規模も小規模なところがほとんどです。ハーバードのように日本語資料を30万冊以上持っているところはごく一部で、ほとんどのところが数万・数千冊という規模です。しかも日本について人文系も社会系もあらゆる分野が研究対象になるという、ニーズの幅広さの問題がここにもあります。こういった小規模な図書館にとって”横のつながり”は不可欠な生命線です。先ほど紹介した「ILL」「目録」「人的交流・人的支援」を例に、海外の日本図書館の”横のつながり”を概観してみます。

 海外の大規模なILLの仕組みのひとつに「OCLC」があります。北米を中心とした全世界対象の図書館ネットワークで、北米はほとんどの図書館が、それ以外の地域でも多くの図書館が参加しています。このOCLCのILLの仕組みを使えば北米内のILLであればスムーズに処理されます。しかし、日本に対してこのOCLCの仕組みを使ってILLを依頼することは困難です。OCLCに日本から参加している図書館はごくわずかです。また、NACSIS-ILLとOCLCをリンクさせてILLをやりとりするGIFという仕組みがありますが、参加館が限られていたり、手続きが煩雑だったり、日本側の謝絶が多かったりして、その実績は多いとは言えません。
 では海外の図書館から日本の図書館へのILL依頼は実際どう行なわれているでしょうか。良い評判を多く聞くのが早稲田大学です。本書でも取材で取り上げていますが、早稲田大学はOCLCに直接加入し、またそれ以前から海外の図書館と提携してILL受付・依頼を行なうなど、積極的に海外とのILLを行なっています。海外の日本研究のライブラリアン・研究者・学生からの早稲田への賞賛・感謝のコメントは非常に頻繁に耳にします。それから国立国会図書館も文献複写や図書館への図書貸出を受け付けています。そして早稲田・国会以外のILLについてはどうかというと、そのほとんどが先ほど説明した個別に交渉するパターンとなります。そして、個別に交渉しても謝絶されることが多いのが現状です。実際に私も、海外のライブラリアンの方から「日本へのILL依頼は絶望的だ」と言われたことがあります。

 次に「目録」について紹介します。例えば、北米の日本研究図書館の多くはOCLCの総合目録データベースに参加し、日本語書誌・目録データを扱っています。また欧州ではイギリスやドイツ・北欧などが日本のNACSIS-CATに参加してそのデータを利用しています。
 海外の日本研究図書館にとって長く課題だったのは、海外の目録システムでCJK文字データをどのように扱うか、ということでした。これはいまはおおむね解決できていると言っていいと思います。しかしシステム上で文字データが扱えても、「コピーカタロギングができるか」という課題は残ります。小規模な海外の日本研究図書館にとって、コピーカタロギングによる業務の省力化は極めて重要です。そしてコピーカタロギングができるためには、利用する書誌ユーティリティや総合目録データベースに日本語書誌データが数量的にふんだんに収録されている必要があります。ですが、OCLCなどの海外の書誌ユーティリティ・総合目録データベースには何もしなければ日本語書誌データは自然に入ってはくれません。日本語のわかるライブラリアンが少量づつ増やしていくことにも限界があります。その課題を解決するため、日本からOCLCへの書誌データの提供が行なわれてきました。1995年から早稲田大学が、2008年から図書館流通センターが提供し、そして2010年からの国立国会図書館の提供によって、OCLCにおける日本語書誌データの件数は2倍以上になりました。

 これらILLや目録など、さまざまな問題を解決してきたのが「人的交流」の基盤とも言える「コミュニティ」です。海外の日本研究ライブラリアンによる主要なコミュニティを3つ紹介します。
 CEAL(Council on East Asian Libraries)は北米の東アジア図書館(中韓含む)・ライブラリアンによるグループです。AASの下部組織で毎年3-4月に総会があります。いくつかの委員会がありますが、JMC(Japanese Materils Committee)では日本資料について取り扱っています。
 これとは別に、北米の日本研究(のみ)ライブラリアンらによるコミュニティ・NCC(North American Coordinating Council on Japanese Library Resources)があります。高額資料の共同購入・調整や、ILLの促進、日本製データベースなどe-resourceの契約交渉などをおこなっています。CEALと同じく3-4月頃に総会があります。
 ヨーロッパにはEAJRS (European Association of Japanese Resource Specialists)があります。NACSIS-CATプロジェクトが行なわれたり、またこの集まりをベースにe-resourceの契約交渉が行なわれたりしています。ライブラリアンだけでなく研究者も参加・協働しています。ヨーロッパの大学図書館には日本専門のライブラリアンがいないことも多く、研究者・教員が事実上の蔵書のマネジメントを行なっている例もあります。
 このようなコミュニティを構築することの利点のひとつは、日本専門のライブラリアンがいない大学にも、サービスや効果を届けることができるという点です。北米にしろ欧米にしろ、すべての大学の図書館に日本専門のライブラリアンがいるわけではありません。国や複数地域をカバーするようなコミュニティが構築されることによって、そのコミュニティの活動によるサービスやシステム、運営上の効果などが、日本専門のライブラリアンがいない大学の図書館・蔵書、また研究者・学生にも届けられます。 もうひとつの利点は、力を集約して交渉にあたったり、窓口を一本化したりすることができるという点です。例えば、日本製データベースなどのe-resourceは海外の日本図書館で契約できないことが多く、同じ東アジアの中国・韓国に大きく遅れをとっています。高額であることや、過去には日本側から契約が敬遠されがちだったことなどの理由がありました。その解決のための交渉は、個々でやるよりも力を集約したほうが効果的ですし、窓口も一本化した方が効率的です。

 人的交流・人的支援の代表的なものに「研修事業」があります。ここでは日本の機関が企画・開催しているものを2つ紹介します。
 「日本専門家ワークショップ」は名前を変えて10年以上続いているものです。国立国会図書館・国際文化会館・国際交流基金の共催で、日本にライブラリアン(現在は研究者等を含む)を招き、2-3週間滞在してもらって、図書館・日本情報に関する研修を行ないます。
 「天理古典籍ワークショップ」は天理大学が行なうもので、3年連続プログラムの2回目が始まろうとしています。日本研究ライブラリアンが2週間天理大学に滞在し、古典籍の基礎知識・取り扱いについて学びます。
 こういった研修の効果は、もちろん講義内容そのものについてもそうですが、加えて、それまで遠いところに散らばっていたライブラリアン同士が集まり、顔見知りになり、そして帰国後もその関係が続いて日常業務のさまざまな場面で助け合い・協力が可能になる、という点にあると思います。交流が増えたおかげでILLがやりやすくなったという声も聞きます。そしてこのことは、日本と海外とのライブラリアン同士の関係についてもまた同じことが言えるはずだと思います。

 最後に、これらの活動・現状と日文研図書館との関わりについて。外部・他機関との関わり、連携・協力活動、国際貢献について考えたいと思います。今回の話に寄せるならば、海外の日本図書館・ライブラリアン・コミュニティとの関わり、国内の専門図書館(国際交流基金・国際文化会館など)との関わり、など。資料・サービス・人的貢献から考えると、資料の周知、蔵書の強化、ILLの強化、CEAL・NCC・EAJRSや研修事業への関与・貢献、など。
 最終的には日文研図書館を、海外で日本を研究する人が最初に思い浮かべる日本の図書館、にできたらと考えています。
posted by jbsblog at 12:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〈再録〉について


 本書出版後、いくつかの勉強会・セミナーなどで本書にまつわるお話をプレゼン・講演させていただきました。当ブログでは当日いただいた質問や意見への答えを少しづつですが順次upしています。また、いくつかのイベントでは配付資料・powerpointファイルや感想ブログ・twitterなどが公開されています。
 ただ、当日ご参加しておられなかった方にとっては、それらだけで当日の内容を推し量るには難しいところもあると思います。
 そこで〈再録〉記事では、配付資料等だけでなく、当日話した内容のダイジェストをあらためて記事として掲載していけたらと思います。

posted by jbsblog at 12:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〈イベント報告〉 9/20(木) 日文研・木曜セミナー「図書館の"はたらき"は国を越えて届くか --『本棚の中のニッポン』から--」


 去る9/20、日文研の所員やゲストが登壇する「木曜セミナー」でお話しさせていただきました。
 
第190回 日文研・木曜セミナー
「図書館の"はたらき"は国を越えて届くか --『本棚の中のニッポン』から--」
日時: 2012年9月20日(木) 16:30〜
場所: 国際日本文化研究センター 第1セミナー室
URL: http://www.nichibun.ac.jp/event/archive/mokuyou.html

 海外の研究者からのニーズにどう応えるかについてなど、具体的な質問をいただきました。


posted by jbsblog at 05:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

〈イベント情報〉 9/20(木) 日文研・木曜セミナー「図書館の"はたらき"は国を越えて届くか --『本棚の中のニッポン』から--」


 日文研で毎月行なわれている、所員やゲストが登壇する「木曜セミナー」で、お話しさせていただきます。
 あまり大々的な広報はされない催しですが、所外の方も参加していただけます。詳細はお問い合わせください。
 「海外の日本図書館」よりも「図書館の”はたらき”」のほうに重点を置いた話とする予定です。
 
第190回 日文研・木曜セミナー
「図書館の"はたらき"は国を越えて届くか --『本棚の中のニッポン』から--」
日時: 2012年9月20日(木) 16:30〜
場所: 国際日本文化研究センター 第1セミナー室
URL: http://www.nichibun.ac.jp/event/archive/mokuyou.html



posted by jbsblog at 12:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。