2012年07月31日

〈イベント報告〉 京都図書館情報学学習会「海外からの利用を考える:『本棚の中のニッポン』から」 (2012.7.19) #学習会196


 去る7/19、京都府立医科大学附属図書館にて、京都図書館情報学学習会におじゃまして登壇させていただきました。
 
第196回 図書館情報学学習会
「海外からの利用を考える:『本棚の中のニッポン』から」
日時: 2012年7月19日(木) 18:30〜
場所: 京都府立医科大学附属図書館2階セミナールーム
URL: http://kyotolibrarian.web.fc2.com/index.html

●togetter「第196回図書館情報学学習会」
 http://togetter.com/li/341453

 今回は話の内容を”公共””公立”の図書館さんにできるだけ焦点をあてたかたちにしたことがひとつ。すなわち、広く広く援軍を求めたいんだよということと、自分には無関係と思っていてもどこにでも必ず海外からのリクエストは届き得るんだよ、それはこうこうこういう事情で、という感じの重点の置き方になりました。高校の校史資料を求める留学生の話をじっくりやった感じで。

 それからもうひとつ、ミニ・ワークショップというかたちで、簡単なお題の出題とそれぞれを発表していただく、ということを試みてみました。これはやっぱり楽しかった。人数にもよるけど、こういうことはもっとやったほうが楽しいし、理解を深めてもらえると思います。
 お題は、話がひろがるようにまあざっくりとした感じで、
 「自分の図書館・職場にある
  @ どんな資料が
  A どんな(海外の)ユーザから利用されるか
  B それを使う(使ってもらう)にはどうしたらよいか」
 というものでした。
 この問題を”自分に関係あること”として考えてもらうためのよすがというか。

 どんなご意見があったかの紹介は、できるなら、別途の記事で。

【関連する記事】
posted by jbsblog at 07:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。