2012年06月28日

〈イベント報告〉第13回関西文脈の会 #関西文脈13

 
 去る6/24、こちらは関西文脈の会の第13回にて、『本棚の中のニッポン』合評会を行なってくださいました。

●関西文脈の会による当日の記録
 第13回勉強会(2012年6月24日)報告
 http://toshokanshi-w.blogspot.jp/2012/06/132012624.html
●当日中継のTogetter
 http://togetter.com/li/326580
 http://togetter.com/li/326871

 この日は、実に楽しみな、待ちに待ってたイベントでした。
 だって、なによりもまず、あたし何も準備してかなくていい!!(笑)
 
 もちろんそれだけでなく、いつもたくさんのことを教えてくださる、自分にとっては(年齢関係なく)大先輩ばかりが集まる猛者のグループの人たちから、本書へのコメントをいただける、という機会ですから楽しみにならないわけがない。楽しみがとまらない、消せやしない。

 それに、本会で発表、すなわち代表で評をくださるおふたりというのが、当ブログでもかつてご紹介した(どんな読み手を想定しながら書いたか、という話 http://jbsblog.seesaa.net/article/271485660.html)、想定読者の代表おふたりでした。指名しました(笑)。
 この1年半というもの、バーチャルではずっとこのふたりと一緒でしたし、何度もこのふたりから叱られ、叩かれながら書いてました、バーチャルで。そのふたりから、いよいよリアルで反応がくるわけですから、楽しみがとまらないに決まってるじゃないですか。

 しかも当日は22人もの参加をいただいて、いつもお世話になっている、いつも勉強させていただいている猛者のみなさま、ばかりでなく、いやこの会の存在も知らなかったけど本書を読んで下さってこのイベントに興味を持った、というような方もいらっしゃってて、本当にありがとうございました。m(_ _)m

 というわけで、美女のがっつりしたプレゼンあり、野獣のがっつりしたプレゼンあり、もおー無茶するわー、ふたりともー(笑)、といったところへ、ご参加の皆様からの質問・コメント・ツッコミもたくさんいただいて(詳細は上記の記録を参照)、ほくほくした中で会を終えました。
 いただいたコメントや質問、特に発表者のおふたりからのがっつりしたそれには、その場で必ずしも満足に答えられなかったりしてたので、これもまた追々、当ブログでご紹介していくつもりです、もちろん。

 ただ、ひとつすごくうれしかったことがあるとするならそれは、ふたりの読み方はまったくちがっていたし、本書に過度に影響されたというわけでもまったくなかった。美女の人は美女の人の視点・考え・人となりそのままに本書を読書してくださっていて、かつ、野獣の人は野獣の人の視点・考え・人となりそのままにまた本書を読書してくださっていた。つまり、本書が何かしらを押しつけがましく、特定の読み方しか許可しないかのように、我を張ったようにして読者のもとに届いたわけではない。読んでくださる方がご自分の視点・考え・人となりを崩さないままに、その体内にするりと溶け込むようにして届いたんだな、ということ。そのことが一番うれしかったと思います。
 それは、言ってみれば”強さ”や”影響力”のようなものに欠けるということなのかもしれないけども。でもまあ、それでもいいじゃない。するりと届いてくれるほうがいいじゃない。
 人によって、その人なりのいろんな読み方、とらえ方ができて、その人たちそれぞれの手持ちカード、それぞれの守備範囲、特別じゃない日常、多種多様な専門分野、どこにもかしこにもするりと溶け込んで、その中に「海外の日本研究・日本図書館」という成分が自然と届いて効いていく。としたら、なにこれすげえ理想的なんじゃないの。なにこのバファリン(笑)。
 って、思いました。
 
 それとほぼ同じ理由で、自分では思いもしなかったトピックでのアウトプットやディスカッションへと派生していってます。
 国民国家・ナショナリズム・図書館 - みちくさのみち  http://d.hatena.ne.jp/negadaikon/20120625/1340638485
 図書館と民主主義とかなんとか……(仮) - Togetter  http://togetter.com/li/327702
 すごいなあって。こんな、書いた本人がぜんぜん考えてもなかったようなものを産み出せるような、度量というかふところを持った本になれたんだって。それもまたすごいうれしいです。

 不満ですか。ありますよ。
 ぜんっっぜん叩かれ足りてない、ってことですよ(笑)。

 ともあれ、ご来場なさった方、Twitter読んでくださった方、呑み会からでもおいでくださった方。ありがとうございました。
 お世話になった事務局&鍵屋荘関係のみなさん、わたしの随喜の涙を受けとってください。


posted by jbsblog at 20:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〈イベント報告〉「読まなくてもわかる『本棚の中のニッポン』」@ku-librarians #kul149

 
 去る6/22、京大図書系勉強会・ku-librariansの第149回として、登壇&プレゼンさせていただきました。

●ku-librariansのwebサイト
 http://kulibrarians.g.hatena.ne.jp/kulibrarians/20120622/1337786646
●当日中継のTogetter
 http://togetter.com/li/327663
●事前質問のTogetter
 http://togetter.com/li/321022
●感想ブログ
 (2012.6.22)第149回ku-librarians勉強会 : 読まなくてもわかる『本棚の中のニッポン』 - システム担当ライブラリアンの日記  http://blog.goo.ne.jp/kuboyan_at_pitt/e/f6dafcf63116036acccd47d5282c7f44?fm=rss

 当日は、わたしのほうからのプレゼントして、本書の説明、海外の日本図書館の概説(ホワイトボード漫談)、各章概説(読まなくてもわかる)、これだけ覚えて帰ってほしいメッセージ、さらにおまけとして「読書ナビ」、というような感じでお話しさせていただきました。今回のお客層にあわせて、「大学図書館での実務上で関係しそうな話題」「業務経験がまだそれほど長くない年若の人らが、今後どんなことをどんなふうに勉強していったらいいかのヒントになりそうな話題」に力点を置いてしゃべる感じになりました。その様子はUstream配信もされてました。アーカイブはされてませんが、まあ、あといくつか似たようなプレゼンやるので、ごらんになりたい方はぜひ足をお運びください。

 ”ホーム”である勉強会で、勉強したい気概のある後輩のみなさんに向けて、お話しする機会が得られたこと、すごくすごくうれしかったです。ついうれしくて、パワポの作り方もちょっとがっつりめというか、うざめでした(笑)。
 
 後半は、通例だと質疑応答なんでしょうが、前々から「質疑応答は設計ミスってないか」(http://egamiday3.seesaa.net/article/276881842.html)という疑念があったりしたので、「コミュニケーション・シート」を配って「ディスカッション」につなげる、ということができないかとやってみたのですが、結果として、まあラジオ・パーソナリティというか、なんというか、「egamidayの『本棚の中の・オールナイト・ニッポン』」状態になってしまったこと、ちょっと反省しています。まああれだ、ふつおた(註:普通のお便り)が一番おもろいですよね、ラジオって(笑)。

 いただいたコメントと質問は、追々、当ブログでご紹介していくつもりです。
 そうやって、更新ネタを蓄えて、息長くブログを更新していくことで、本書も息長く買われていく感じになってくれたらなあって・・・。

 ご来場なさった方、Ustきいてくださった方、事前質問くださった方、どうもありがとうございました。
 お世話になったkuの実働部隊のみなさん、わたしの感謝の涙を受けとってください。


posted by jbsblog at 18:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

〈正誤情報〉(誤植)

〈正誤情報〉

229頁1-2行目

×「ユーザの求める分野の幅広さについては、海外のどの日本研究・(ここで改行)研究の図書館でも悩みの多い問題だと思います。」

○「ユーザの求める分野の幅広さについては、海外のどの日本研究・東アジア研究の図書館でも悩みの多い問題だと思います。」

ラベル:正誤情報
posted by jbsblog at 12:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

〈イベント情報〉6/24(日) 第13回関西文脈の会 #関西文脈13


 関西文脈の会にて、本書『本棚の中のニッポン』の合評会をしてくださいます。

第13回 関西文脈の会
『本棚の中のニッポン』合評会
日時: 2012.6.24(日) 14:00-
場所: 京都某所
URL: http://toshokanshi-w.blogspot.jp/2012/05/13.html
ハッシュタグ: #関西文脈13

発表者:
近大姫路大学 岡部晋典氏
京都大学附属図書館 梶谷春佳氏

posted by jbsblog at 11:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

〈イベント情報〉6/22(金)「読まなくてもわかる『本棚の中のニッポン』」@ku-librarians #kul149


 京都大学図書系職員勉強会(ku-librarians)にて、お話しさせていただきます。

「読まなくてもわかる『本棚の中のニッポン』」
(第149回 京都大学図書系職員勉強会)
日時: 2012.6.22(金) 18:30-
場所: 京都大学附属図書館 3階 共同研究室5
URL: http://kulibrarians.g.hatena.ne.jp/kulibrarians/20120622/1337786646
ハッシュタグ: #kul149
・Twitter予定あり(@kulibrarians)
・江上プレゼン部分のみUstream予定あり(http://www.ustream.tv/channel/kulibrarians
・パワポ・資料の公開は未定

 まだ読んでない方にもわかりやすく、もう読まれた方にはさらにわかりやすく、本書を理解していただけるような話にできればと思っています。

 また、せっかくなのでわたしが一方的にしゃべるようなのではなく、みなさんからの疑問・質問・オブジェクションから発展してのわいわいとしたディスカッションができればいいな、って思うので、後半はそんな感じで進行していきます。

 疑問・質問は下記の宛先まで。
e-mail : ku.librarians@gmail.com
twitter : @kulibrarians (または @egamiday #kul149 #本棚の中のニッポン のいずれか)

 当日参加できない方からのご質問・ご感想もお気軽にどうぞ。
 早ければ当日より先にお答えします。
 例えば、こんな感じです。
 『本棚の中のニッポン』Q&A集 - Togetter
 http://togetter.com/li/321022

 京大勉強会はわたしにとっての”ホーム”でもありますし、本書自体、京大勉強会のみなさんを主要な読者層のひとつと想定して、何をどう伝えたらよいだろうかを考えながら書いたりしていました。
 当日お話しできるのを楽しみにしています。


posted by jbsblog at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

〈正誤情報〉(誤植)

〈正誤情報〉

49頁 最終行
50頁 1-2行目
 ×「講読」
 ○「購読」
ラベル:正誤情報
posted by jbsblog at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月11日

タイムラインの記録


2010年11月末   ファースト・コンタクト
2011年1月上旬   ファースト・ミーティング
2011年2月     構想・目次構成 初案
2011年3月     全体スケジュール 初案
2011年4月     取り組み開始
2011年4末〜5上  アメリカ取材
2011年6月     国内(東京)取材
2011年7月     アメリカなど執筆
2011年8月     目録など執筆
2011年9月     総論など執筆
2011年10月    歴史・e-resourceなど執筆
2011年11月    ILLなど執筆
2011年11月    国内(東京)取材
2011年12月    台湾取材
2011年12月    マンガ・台湾など執筆
2011年12月下旬  10章くらいまでの第0稿書き上げ
2012年1月下旬   全章通しての第1稿書き上げ
2012年2月中旬   改稿した第2稿書き上げ
2012年2下〜3中  初校
2012年2月下旬   書名 初案
2012年3下〜4上  二校
2012年3月末    表紙決定
2012年4月中旬  「本棚の中のニッポン」ブログ開始
2012年4月中旬   三校
2012年4月中旬   笠間書院ブログに告知
2012年4下〜5中  索引作業
2012年5月中旬   最終校正終了
2012年5月末    発売
posted by jbsblog at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

本書は何であるか、何ではないか。または、”地図を編む”という話

 
 本書の執筆にあたって、「何を書こうとしている本なのか」ということと同時に、「何では”ない”か」、ということを強く意識していました。していましたというか、せざるを得ませんでした。

 自分が描こうとしている図書館やその蔵書・資料は、すでに多くの論文や著書が世に出ているような、”調査対象としての図書館・資料”ではないということ。研究者の先生がたくさんやってるような、資料調査やそういうことではないということ。
 というより、そもそも”研究”ではないんだろうな、ということ。
 新しい事実の解明ではない。何かの論証や実証ではない。それを行なうべき”場”は他にあるはずだし、それができる人は山ほどいてはるし、(ある意味で)中途半端な位置にいる自分がそれをやるのは、できるできないはもとより、サイズのまったく合ってないスーツに無理やり袖を通して、ぎくしゃくしながら演台に立ってるような気がする。そんなぎくしゃくした演台の上から何かものを言ったって、人さまに届くわけがない。

 正直身もフタもないけれども、何を書くかはそれほど大きな問題ではない。
 だって何を書いたって、それをどこまで受け止めて、どう深めたり消化したりして、どう活かしていくか、なんてことは結局は受け手次第なんだから。それは”読者としての自分”がよくわかってる。
 それより、ほんとにちゃんと=幾ばくかの説得力とともに、人さまに届くかどうか。そちらのほうがよっぽど大きな問題。

 だったら、「(ある意味)中途半端」と自分でもなんとなく意識しているようなその立ち位置を、強みとして、活かしていく方向のほうが、ずっと人さまに届く。
 はず。たぶん。わかんないけど。

 といった考え方で、じゃあどういう演台から自分の言おうとしていることを活かせるのか、と。 
 例えば。扱うのは「海外の日本研究」そのものでは決してなく、また「日本資料」そのもののほうでもない。あくまで、それを支える”ツール””仕組み”機能”としての「図書館」(またはそれに類する学術・文化・情報・サービスの仕組み)のほうだということ。
 次に。特定の研究分野を専門とする立場からの視点ではないということ。図書館という、分野を広くカバーし横断する場所にいる者からの視点である、ということ。
 もうひとつ。研究者ではない、実務者であるということ。実務者としてトピックを選択し、実務者の目から対象を見たときに、どういう問題が起こっているのか、これこれはどういうことを意味しているのか、という切り口であること。
 もっと言えば、海外に在する者ではない。あくまで、日本にいて、日本の図書館・学術機関に身を置いて、その視点から見聞きしたこと。それを、これもまた海外ではなく、日本にいる他の図書館・学術機関等に身を置いている人たちに伝える、ということ。

 そうやって考えていけば、なるほどやっぱり、新しい事実の解明や論証・実証ではない。ここで扱う「海外の日本図書館」について、すでにさまざまなことが多少なりともあちらこちらで書かれ、発表され、調査され、見聞されてはいる。けれども、それらを広い一枚の地図の上にひろげて、ざっと見渡して、ざっくりと理解する、ということができる何かがほしい。あるいは、そういうことをまだ知らない人に伝えたい、わかってほしい。

 そういう、”地図を編む”、ということ。
 それも国土地理院的なのではなく、修学旅行生やOLさんに京都の全体を説明するためのイラストマップのようなものとしての。

 というようなものにしようという考えは、構想当初、早い段階から決まっていました。
 もちろん、それが全うできてるかどうかなんてことはまた別のあれですが・・・。

posted by jbsblog at 10:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ『本棚の中のニッポン』というタイトルなのか、という話 その3


その1 http://jbsblog.seesaa.net/article/272801249.html
その2 http://jbsblog.seesaa.net/article/273445462.html
その3 ←いまここ

 メインタイトルを一般の人向けに「本棚の中のニッポン」としたわけですから、サブタイトルの方は、具体的説明的な文言で、「図書館」という言葉を堂々と使ったものにしたい、と考えるわけです。
 やっぱりなんだかんだ言っても、図書館のことを中心に書いた本だし、図書館の人に広く目にしていただきたいし、いやもうぶっちゃけ、図書館に蔵書として購入していただくにあたっては、タイトルにずばり「図書館」と入れておいた方が買ってもらえやすいですから。”図書館についての本”なんて、日本全国どこのどんな図書館に行っても置いてあるし。

 じゃあ、「海外の日本図書館」、だけでよかったのかと言われると、それもちょっとこころもとない。
 サブタイトルの説明的文言で考えたいのは。
 ひとつ、定義の筋が通っているかどうかということ。
 もうひとつ、誰がどんな言葉で検索してくるだろうかを想定すること。

 ”海外にある、日本語の本や日本についての本を置いてある図書館”を指す言葉って、必ずしも「日本図書館」と決まっているというわけではない。「日本語図書館」とか「日本研究図書館」とか「日本資料図書館」とかさまざまな呼び方をされうるところを、本書を著するにあたってあたしは「日本図書館」という言葉で統一して書きました、けれども。
 逆に「日本図書館」という言葉が必ずその意味を示すと決まっているわけでもない。何の前提も知らない人が「日本図書館」という文字を見たら”日本にある図書館”と思っちゃうことうけあいだろうし、そこへきて「海外」と書いてあったら、え、日本のはなしなの海外の話なのどっちなの、となっちゃう。
 例えばGoogleで「"日本図書館"」を検索してみると、日本図書館協会と日本図書館研究会と日本図書館情報学会をNOTしてみても、「日本図書館」を”海外にある日本図書館”という意味で使っている例はなかなか現れない・・・・・・いや、現れました、現れましたね、それ、本書のタイトルであり、このブログ自身です(笑)。

 という「日本図書館」だけを使うのがこころもとないので、じゃあ補強する意味で「日本研究」も添えたらどうか。「日本研究」(Japanese Studies)という言葉なら”日本を研究する”意味だと理解されることがほとんどだろうと期待できます。かつては「日本学」とも言われてた言葉です。ググってみると、「日本研究」を、特に世界・海外での日本研究を意味するものとして使っている例がほとんどですし、Wikipediaのカテゴリ名にも使われています。一般に充分普及した言葉と言えるわけではないかもしれませんが、定義としては筋が通っているから、説明語句としてのサブタイトルには向いているでしょう。
 何より、「日本研究」をやってる人なら、日本研究のことを「日本研究」という言葉で言うということはわかってるはずで、ネットやOPACで検索するときも「日本研究」という言葉で検索するだろうから、サブタイトルに「日本研究」という言葉を入れておけば、「日本研究」という言葉でヒットする、ということです、という(笑)。

 じゃあ、「海外の日本研究と図書館」?・・・それだと図書館は日本にあることになりかねない。
 「海外の図書館と日本研究」?・・・いや、ちょっとちがう。海外の一般的な図書館のことを言ってるわけではなく、日本についての専門の図書館のことを言っているわけで。
 とは言え「海外の日本図書館と日本研究」だと、「日本」が2回重なってちょっとくどい。
 そうだ、じゃあ「海外の日本研究図書館」にしちゃえば、「日本研究」で検索してもヒットするしわかりやすい。・・・ああ、ダメだ! 本文中で「日本研究図書館」という言葉は使わない、「日本図書館」に統一する、って自分で決めてるじゃないか。
 だとするとやっぱり、「海外の日本図書館と日本研究」。まあ、しかたないか。図書館の話が中心だから「日本図書館」を先に持ってきた方がいいだろうし。

 というわけで、気がつけばメイン・サブ合計で3回も日本が登場するようなタイトルになりました、という。
 
 これに加え、笠間さんにお願いして、標題紙に「Japanese Studies Libraries in the World」という英文名を入れてもらいました。これなら、もっとも一般的な「Japanese Studies」でヒットするし、「Library」目当ての人にもヒットする。そして、背表紙でも奥付でもなく”標題紙”にちゃんと書いておけば、AACR2によってこの本の目録をとるであろう海外の図書館さんのデータベースに、この英文名が確実に記載されるにちがいない、ので。(いまWolrdCatに出てる書誌はまだTRCから流れてきたばかりらしく記載ありませんが、北米のカタロガーがじきに修正してくださるのではないか、と・・・。)

 ああ、そうですね、もはや”日本だらけの標題紙大会”ですね。
 景気がいい(笑)。

 たぶん、以上です。

posted by jbsblog at 09:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

ご購入について

 お近くの書店に本書がない場合は、下記のサイトなどをご利用下さい。

Amazon.co.jp
http://amzn.to/Kh0RBv

hontoネットストア
http://honto.jp/netstore/pd-book_25182976.html

セブンネットショッピング
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1106174808/subno/1

丸善&ジュンク堂書店
http://www.junkudo.co.jp/detail.jsp?ISBN=9784305705884

紀伊國屋書店BookWeb
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4305705885.html

版元ドットコム
http://www.hanmoto.com/bd/isbn978-4-305-70588-4.html
posted by jbsblog at 08:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。